アニマルコミュニケーションから思うこと「視点」

犬と暮らしている私ですが、家族である犬たちからだけでは知り得なかったことを、アニマルコミュニケーションを通じて教わっていると思っています。

人それぞれいろんな考え方があるように、動物たちもいろんな考え方を持っていて、豊かな個性があります。

人と動物と重なる思考もありますが、重ならないこともいっぱいあります。

そう「いっぱいある」のです。

だから、理解できないこともありますし、分かりたいと思うものでもあります。それでもどうしても分からないと言うこともあるでしょう。

自分たち人間とは違う考え方があること。違う生き方があること。

それを知る機会を動物たちが与えてくれています。

そうかといって、動物たちが教えてくれるのは、小難しいことや叡知に溢れた言葉ばかりではありません。微笑ましい要求だってあります。

アニマルコミュニケーションから思うことをしばらく連続でお話していこうと思っていますが、今日はまずは「視点」の話から。

あなたの身長はどれくらいでしょうか。仮に160cmとしましょう。普段、あなたが立って見る景色を思い浮かべてみてください。

次に、小型犬の視点を思ってみましょう。こちらも仮に35cmとしましょう。しゃがんでみると分かりやすいのですが、あなたが立って見る景色と比べて、世界は随分と低いですね。

次に、猫の視点を思っていましょう。高い所に昇るのが好きなので、天井近くの棚の上に乗っていると仮定して230cmとしましょう。椅子の上に乗ってみると分かりやすいかもしれません。見渡すような感じがすると思います。

今は、人と犬と猫という身近な動物で例えてみましたが、地を這うヘビ、空を舞うタカ、木に登るサルなど、それぞれまた違う高さからの視点があります。

もちろん、人間同士でも、大人と子ども、車椅子利用者の方、伏せっている方というように、異なる目線(視点)があります。

それでも「慣れ」というのはあるもので、自分の「視点」が標準になっていくのが自然なのだと思います。

時にはその視点に囚われすぎて、ガチガチになってしまうことだってあるでしょう。視点を固定させていくと、凝り固まった思考に繋がっていくこともあります。

でも、全く別の「視点」があることに気づけば、思考も変化していくでしょう。

それを気づかせてくれる1つが、身近な動物の存在なのかもしれません。

同じ暮らしをしていても、違う視点から見れば、まったく同じではないでしょう。人間では当たり前だと思うものが、動物には不思議なものだと感じることもいっぱいあります。

違いの中に、お互いが学び合えるものがあるのです。あなたと縁のある動物は、あなたに何を気づかせてくれるのでしょう。

次回は、そんな「縁」の話をしていきます。

今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。

今月の月いろメッセージは天使からのメッセージです。天使たちに聞いてみたいことがおありの時にはぜひこの機会に。

🔹各種おまもり、ブレスレット、瞑想のおともに最適な石などは天使のまんまるshopにて販売中

動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介 

🌱アニマルコミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話 

🌱スピリチュアルソウルリーディング 
 天と大地が伝えるこれまで、今、これからのあなたの物語

🌱月いろメッセージ 
  月ごとに変わるメッセンジャーからの暮らしのアドバイス

🌱ゆるりトーク
 ゆるりとお話ししませんか(音声のみのオンラインで)

🌱動物と人のクリスタルヒーリング講座
 動物も人もホッとする時間を創り出していくオンラインの個人レッスン

🌱ミディアムミニセッション
 亡き人や動物からのメッセージと癒しを

🌱七日の祈り〜亡き方へ〜
 亡き人や動物に七日間連続の祈りを

🌱天使のまんまるshop
 天然石アクセサリーなどの製作販売 

お問合せ

 何かご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。

よかったらシェアしてね!