アニマルコミュニケーションのご案内ページに載せている『話半分で』(2015/1/4)を書いてからすでに4年も経っていました。記事を書いた時と今とでは状況も変わっているので、あらためて書いていきたいと思います。

基本は変わっていません。もちろん「話半分」です。私がお届けしているものすべて「話半分に」聞いてくださいね。

以前の記事を目にしていない方は、変なこと言う人だなぁと思われるかもしれません。

私のような、目には見えないものを仕事にしている人間が、自分の話を半分程度に聞くくらいでいいなんて、おかしなことかもしれません。あえて書くのは私なりのポリシーがあるからです。

それは、

自分の人生は自分で決めていく。
自分で選んでいく。
選択権は常に自分にある。
自分の意志で行動していく。
主体的に生きるということ。

目には見えないものを扱っていると、どうしても理屈では説明が難しいことがあります。それを、ただ信じることもあれば、「そうかなぁ?」と信じないこともある。それでいいってことなのです。

私は仕事で行っていることについて自信を持っています。でも、それをあなたが信じることは、また別のことなのです。「私のことを信じなさい」というのはとても危険なものです。

信じることの選択権は、信じる側にあります。信じてもらう側が自分を信じなさいと言う時点で、選択権を否定して取り上げているのです。危険性をはらむものなので、気をつけなければならないのです。

ちょっと眉間に皺が寄るお話でしたね。ごめんなさいね。

でも、受け取ってくださる方はもちろんのこと、送り手側としても、常に注意をしながら取り組むべきことなのです。目に見えないものを扱っている以上、特に留意することなのです。

さて天使のまんまるでは、以前の記事を書いた時よりもさらに、信じるにはちょっとという仕事内容が増えています。亡くなった方とのコミュニケーションや、アニマルコミュニケーションなどですね。

動物には心などないし、死んだらそれっきりだから魂などもない。だから、死後に交流なんて出来ないし、生きている時だって、動物とのコミュニケーションなんてありえない。テレパシーでの会話なんて嘘くさい。ひとまず挙げてみるならば、こんなところでしょうか。

これまでのものも入れると、天使やスピリチュアルの存在からのメッセージも、そもそも怪しいし、いかがわしいってのもありますね。

いいのです。これで。

なんでもそのまま信じ込む必要なんてありません。丸ごと受け取っていく必要もありません。「ふ〜ん」「そういうこともあるかな。ないかな。」くらいでいいのです。場合によっては、「うんうん、確かにそういうこともある!」と思うこともありますが。

すべて、自分の感覚です。

頭というよりも、自分自身の心が感じるもの、肉体が何か感じるもの、魂で感じるものに、素直になってみて受け取っていくのです。

あなたにとって大切なことは、あなた自身が一番分かっているのだから。

頭を除くのは、頭で考えることは、固定観念などが邪魔をして、判断の当てにならないこともあるからです。それよりも、自分自身の感覚が伝えてくれることを感じ取っていきましょう。

そうして、自分にとって必要なことだけ受け取っていけばいいのです。何かのヒントや参考程度で大丈夫なのです。自分の感覚って、とっても素敵なものなのです。鈍ることもあるので、感覚を磨くこと、感性を育てていくことを、大切になさってくださいね。

などと書いてきましたが、ここにあるものもまた話半分で大丈夫です。

あなたの人生はあなたが作っていくもの。あなたの感性もまた、あなたを導き助けとなるものです。

素晴らしい人生を送っていきましょう。

今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。

動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介 

🌱アニマルコミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話 

🌱スピリチュアルソウルリーディング 
 天と大地が伝えるこれまで、今、これからのあなたの物語

🌱月いろメッセージ 
  月ごとに変わるメッセンジャーからの暮らしのアドバイス

🌱動物と人のクリスタルヒーリング講座
 動物も人もホッとする時間を創り出していくオンラインの個人レッスン

🌱ミディアムミニセッション
 亡き人や動物からのメッセージと癒しを

🌱七日の祈り〜亡き方へ〜
 亡き人や動物に七日間連続の祈りを

🌱天使のまんまるshop
 天然石アクセサリーなどの製作販売 

SNS

 Twitter:@MayumiOdori
 Facebookページ:天使のまんまる
 Instagram:天使のまんまる(@angelicround)

お問合せ

 何かご質問などございましたら、
 お気軽にご連絡ください。

よかったらシェアしてね!