高くから

まだ父が生きていた頃のことです。

実家近くでお散歩がてら、田んぼの脇を歩いていると、稲の色が違っていました。近くには田んぼアートの看板もありました。

色違いの稲があちこちに見えていて、何かの模様なのだろうけれど、あまりに近いのと低い位置だったので、何を描いているのか全く分かりませんでした。

その場所から少し離れた所にタワーがあって、展望台から見たらよく分かると言うことで、今度は高い位置から見学したら、「なるほど〜」とバッチリよく見えました。

とても近くて低い場所にいると、全体を見渡すことは難しいものですよね。

6月に入って、ブログに何を書いていこうかと思っていたら、このエピソードを思い出しました。

「視点」については、もう何度も書いていますし、『今日のメッセージ』でもたびたび取り上げていますので、またお馴染みのお話かと、どうぞ笑って読み進めてくださればありがたいです。

私たちは、自分の人生を歩んでいる当事者なので、日々直面する出来事に対しては、とても近い位置にいます。

また、たいていの場合、地上で暮らしているので、低い位置で過ごしていらっしゃることでしょう。タワーマンションに住んでいればいいのかしら、ということでもありません。

近くであり、低い場所で見つめていくと、当事者目線(意識)が勝っていき、冷静に、色々な面を客観的に見つめることが難しくなります。

ダメじゃん、これじゃあって言うことではありません。

なぜなら、「大局を見る」力を育てていく機会を与えられているので、とても素敵なことなのです。ダメなどではありません。

さて、実際に、高い所から自分自身を見つめることはできません。

それでも視点を上に持っていくことは出来るのです。

そうです。「想像力」を働かせていくのです。

たとえば「鷹」のように、空を飛びながら周りを眺める姿を思い描いてみましょう。

鷹からは、あなた自身も1つの生き物として認識されるでしょう。

直面している出来事も、横からも斜めからも上からも下からも、色々な要因があることが見えていくでしょう。過去からのしがらみだったり、未来へと繋がるものだったりもすることも見えていくでしょう。

他の生き物たちの営み、生き方、行動も見えているので、自分の姿を落ち着いて観察することも出来るでしょう。

近くからでは分からなかったことに気づいていけるのです。

頭がこんがらがって大混乱という時には、特に、この高い位置からの視点を持つようにしてみましょう。

「ふ〜っ」と大きく深呼吸をして、目を閉じて、想像の中で鷹に変身しちゃって、あなたと世界を眺めていくのです。

いつでも視野を高く広く持っていくことが出来るのですから、混乱しちゃっても大丈夫。

こういう体験の繰り返しで、あなたはどんどんと成長していくのですから。

新しく始まったひと月、たくさんの視点を持って、より豊かな心になっていきますよ〜!

今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。

たくさんの愛と感謝を込めて。

ムテンの日記は毎日更新中♪

天使のまんまるshopのんびりサービス実施中です。詳しくは先日の記事をご覧ください。

天使のまんまるshop

動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介 

🌱アニマルコミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話 

🌱スピリチュアルソウルリーディング 
 天と大地が伝えるこれまで、今、これからのあなたの物語

🌱エンジェルメッセージ 
  今を生きるあなたにお届けする天使からのメッセージ

🌱ゆるりトーク
 ゆるりとお話ししませんか(音声のみのオンラインで)

🌱動物と人のクリスタルヒーリング講座
 動物も人もホッとする時間を創り出していくオンラインの個人レッスン

🌱ミディアムミニセッション
 亡き人や動物からのメッセージと癒しを

🌱七日の祈り〜亡き方へ〜
 亡き人や動物に七日間連続の祈りを

🌱天使のまんまるshop
 天然石アクセサリーなどの製作販売 

お問合せ

 何かご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。

よかったらシェアしてね!