秋の幻

昨日は冷え込んでいて、
わ〜、もう晩秋って感じなのかしらと思ったら、
今日は日中暑くなって、
あらあらビックリというお天気です。

それでも、もう10月もあと1週間くらいですね。
そろそろ扇風機をしまわなくては(笑)

さて、
秋はどこか物悲しさを感じる季節です。
これは、この時期に誰しもに訪れる感情です。
そう、この季節はそういうものなのです。

生命力盛んな夏が終わると、
命がひと休みする冬へと移り変わっていく手前の季節は、
どことなく悲しみを感じるのです。
日照量との関係も大きいんですよね。

そういう時、思っちゃうのです。

自分はやれているのだろうか?
自分は何も出来ていないんじゃないか?

凹んだり、落ち込んだりするのです。
振り返ってみたり、ダメ出しをしたりするのです。

秋の悲しさって、そういうものを引き寄せていくのですよね。

でもね、それは秋が見せる幻。
そんなものに耳を傾けないで。

あなたが日々、努力したり、積み重ねてきたものは、
ちゃんと、あなたの中に根付いているのです。

時折、自分の行動などを振り返ったり、
省みたりすることは大事です。

そう思わなくなったら、
それは傲慢になっている証拠ですよね。

冷静に判断しながら省みるのならいいけれど、
やたらと落ち込ませるようなものなら、
頭を切り換えちゃいましょう。

心が弱くなっている時なんて、
余計につらくなるばかりです。
自分を苛めちゃダメですよ。

もう一度言いますね。

あなたが、これまでに行ってきたものは、
あなたの中にちゃんと根付いていて、
その結果は出ているはずです。

ただ楽しく毎日を過ごしていられるほど、
この世は簡単なものじゃない。

そんな中、
歯を食いしばったり、
ひそかに悔し涙を流したり、
憤りを感じながらも耐え忍んだり、
満身創痍で暮らしてきていることあるんだと思います。

そういう血反吐をはきながらも、
積み上げたり、やってきたりしていること、
あなたの力となっているし、
家庭や社会の何かになっているのです。

あなたのこれまでは、
ちゃんとあなたの中にあるのです。

あなたは、あなたなりにやってきているのです。

秋の幻が悪さをするかもしれませんけど、
落ち込ませるようなものは無視しちゃいましょう。

そうして、
ただロマンティックなものだったり、
ワクワクするものだったりを見つめていきましょう。

あなたが迎えている秋、
光とともにありますように。

今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。


  
天使のまんまるでは、
リーディングやアニマルコミュニケーション
天然石グッズなどの癒しの道具販売など行っております。

よかったらシェアしてね!