なくして見つけて

喪失は何か新しいものとの出会いでもあります。何かをなくして、何かを見つけていく。

愛する者(動物も含みます)との別離は、深い悲しみをもたらすものだけど、やがてそこから立ち上がって、誰かへと思いやりを増していく方々の気概、私はとても尊く素晴らしいと思っています。涙が出るほどに。

悲しみを抱えながらも、また、歩いていこうとする姿はとても眩く神々しいです。心の引き裂かれるような痛みを経て、私たちは今日も生きていく。

これからご紹介するのは、8月の初めに旅立っていった犬のAちゃんとのアニマルコミュニケーションの一部です。

「私の様に愛する命が旅立って悲しみや後悔の中にいる方々が、少しでも幸せを感じ、自分の中で学び、前を向いて生きていけますように。」

飼い主さんからの愛あふれる言葉をいただきました。

大切な動物家族Aちゃんとの会話を、ブログでご紹介させていただく許可をいただき深く感謝しています。どうもありがとうございます。

(会話の内容は、適宜省略したりしておりますので、ご了承ください。)


お客様:柴mixのAちゃん(岩手県)

おどり

最期のこと覚えてる?

Aちゃん

もちろん。ついこの間のことだもの。幸せな旅立ちだったんだよ。さっきも言ったけど、そんなに苦しむことなく旅立てたんだ。すーっと抜け出る感じだった。お父さんに見守られて、とても安らかな気持ちで旅立ったんだ。穏やかな気持ちだったんだよ。

おどり

つらいけど、あなたにとっては気持ちのいい旅立ちになったのね。

Aちゃん

うん。そうだよ。幸せな気持ちのまま、静かに旅立ちの時を迎えられた。とても嬉しいし、ありがたいよ。

おどり

(ご家族のお一人Sさんと)あんまり会えないままになっちゃったけど。

Aちゃん

うん、そうだね。寂しいなとは思っていたな、確かにね。だって、Sちゃんのこと好きだったし。でもね、死んでみると分かるんだよ。

おどり

なにが?

Aちゃん

そばにいるだけが繋がりじゃないってね。

おどり

どういうことか、もう少し聞かせてくれる?

Aちゃん

いいよ。生きてる時はそばにいることが何よりだと思っているよね。

おどり

うん、そういうとこあるわ、やっぱり。

Aちゃん

そうでしょ?わたしもそう。やっぱり、おそばにいてほしいし、一緒にいるととっても嬉しい。

おどり

そうね、私もそうよ。

Aちゃん

うん。でもね、死んでみるとね、おそばにはいないよね?

おどり

ええ、そうね。

Aちゃん

それでも繋がっているよね。

おどり

ええ、そう感じるわ。

Aちゃん

うん、そうなんだよ。いないようで、いる。見えない糸で繋がってる。それがはっきりと分かるんだ。

おどり

そっかぁ。生きているとそう理解するのは難しいわ。

Aちゃん

うん、そうなんだよね。だからね、Sちゃんに言って欲しいの。

おどり

なにを?

Aちゃん

あんまり会えなかったことなんて、気にしないでって。今でもずっと繋がっているし、今の方が、繋がっているのを深く感じているから、何にも気にしちゃダメだよってね。

おどり

わかったわ、ありがとう。

Aちゃん

ううん。死んでみて見えるものがあるもんね。今ではずっと皆との繋がりが強いものだってこと感じてるし、それがとても心強くて嬉しいんだ。

おどり

Aちゃんは、私のとこに来て幸せだったかな?

Aちゃん

もちろん、しあわせに決まっているよ。当たり前だよ。とても幸せな年月だったよ。ただ感謝しかないよ。

おどり

うちに来る前は、あまりいい環境じゃなかったのでしょ?
(※Aちゃんは捨て犬でした。車から投げ捨てられたとか…)

Aちゃん

うん、乱暴に扱われたよね。でも、もうそれってずーっと昔のこと。忘れちゃった。もしも昔にイヤなことがあったとしても、それは終わったことだからね。だってさ、そんなことよりも、この家に来て、たくさん愛されて可愛がられてきたよ。もうお父さんなんて、(実の)娘よりも可愛いって(笑)

おどり

笑っちゃうよね。

Aちゃん

うん。だからとっても幸せだった。

おどり

あなたの生まれてきた意味とか役割とかは、どんなことなの?

Aちゃん

うん、そうだな。信じることかな?

おどり

信じること?

Aちゃん

うん。小さい頃は、信じることが出来ない暮らしをしていたよ。でもね、それでも、わたしはやっぱり信じてた。

おどり

人間をってこと?

Aちゃん

うん、そうだよ。

おどり

イヤな思いをしても信じていたの?

Aちゃん

うん。どこかで信じる気持ちは捨てないで生きていたね。

おどり

うちに来てどうだった?

Aちゃん

信じるが花開いたよ。信じて、信じられ、お互いの絆が深くなっていく。心の勉強をたくさんしたって思っているんだ。

おどり

(飼い主さんからのメッセージです)
Aちゃん、本当に本当にありがとう。ずっと大好き。ずっと愛してる。

Aちゃん

(じっと聞いていました。嬉しそうです)

おどり

とても嬉しそうね。

Aちゃん

うん、とっても嬉しいよ。うん、嬉しい。わたしは元気。とっても幸せ。ずっと幸せ。家族でいてくれて幸せ。嬉しい出来事。ありがとう。

おどり

それは何?(Aちゃんが何か大きなものを持っていました)

Aちゃん

わたしから大好きな家族へ「ありがとう」の贈り物。

おどり

素敵ね。

Aちゃん

うん。

おどり

何か他に伝えたいことはある?

Aちゃん

お父さん、体に気をつけて。泣いてばかりじゃダメだからね。笑ってね。お姉ちゃんもね。ずっと幸せでいてね。それが願いだよ。わたしも、Gちゃん(先に亡くなった愛犬さん)も幸せを願ってる。いい家族がわたしにいたことが何よりの誇りだから。自慢だから。みんな大好き。いつまでも悲しんでいないで。前を向いてね。しっかり生きて、笑っていてね。
ありがとう。

おどり

今日はたくさんお話をしてくれてありがとう。

Aちゃん

うん。いいよ。伝えられて良かった。

おどり

こちらこそ。元気でね。

Aちゃん

うん。みんなも。 

動物たち、そのご家族の方々、毎日懸命に暮らしている方たち、いろんな命の営みから生きていくヒントや知恵、そういうものを見つけていけたらいいですよね。

このAちゃんとの会話からも、なにかを感じていただけたら嬉しいです。

魂の世界で暮らしている存在は、ある種、共通の意識も持っています。だから、上の言葉はAちゃんが発しているものだけど、旅立った他の誰かの言葉でもあるのです。

悲しみにくれている方にも何かが届いていけばありがたいです。

また今日を生きていきましょうね。しっかりと。
お読みくださいましてありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。

天使のまんまるでは、
リーディングやアニマルコミュニケーション、天然石グッズなどの癒しの道具販売など行っております。

よかったらシェアしてね!