アニマルコミュニケーションについてのお願い

今日は『アニマルコミュニケーション』について少しお願いがあります。

「旅立った子」についてです。

アニマルコミュニケーション』では、旅立っていった子たちとお話をする機会を多くいただいています。
その都度、彼方に行ってしまった子たちからの愛と飼い主さんの愛に心打たれています。ウルッとくることも、ボロボロ泣きながら会話していることもあります。

今までそこにいた子がいないというのは、とても苦しく寂しく悲しいものですが、動物さんとの会話が少しでも何かとなればと願いながら日々行っています。

これまで、お申込の時に確認をさせていただくことが多かったのですが、あらためて、お願いをさせてくださいませんか。

「旅立った子」へのアニマルコミュニケーションは、旅立ちから49日過ぎからとさせてください。

49日前では会話できないと言うことはありません。実際に何度も会話をしていますので、そのようなことはありません。お話をさせてくれた動物さんたち、ありがとう。飼い主さんたちもありがとうございます。たくさんの愛と学びがそこにはありました。

49日過ぎからというのは成仏してからという意味ではありません。

大切な動物家族を喪うことは、心にとても大きな負担を強いることがあります。愛する子が亡くなってしまって、ただ謝りたくて、ただ伝えたくて、とにかく話したい。その気持ち、わたしにはよく分かります。

後悔、悲しみ、ただ後悔…..苦しくてたまらない時間もよく知っています。だから、亡くなってすぐにお話をしたい気持ちも分かります。

動物でも人間でも、大切な方を喪った時、誰もが悲しみよりも前に混乱してしまうことがあります。悲しいっていう気持ちよりも、何が起こったのか心が理解できないというのでしょうか。それは自然の感情の動きです。

亡くなってしまった直後は、冷静でいるつもりでもそうではない場合が多いのです。冷静じゃなくていいのです。

できたら、いっぱい悲しんで、泣いて、泣いて、過ごしてください。そういう時間が必要です。そんな時間を持ってください。

悲しいのに、悲しむことができないって言うのは苦しいものです。そんな苦しさ、なるべく少なく体験してください。どうかお願いです。悲しい時には、とてもつらいけれど、悲しんでください。

そして、悲しさいっぱいのお気持ちの中では、動物さんからの言葉を受け取っていくことが難しいこともあります。大事なことを伝えてくれていても、それを受け取るだけの心の余裕がないことだってあります。

それはとてももったいないことです。動物さんにとっても、飼い主さんにとっても。

誠実に、誠意を込めて、お話をしてくれる動物さんたち。

目の前のことではなく、もっと長期的なことや、魂の世界のことなど、大事なことをお話してくれることが多いのですが、悲しみに暮れる状態の時では、動物さんの言葉を受け取っていくことが難しいことがあります。

天使のまんまるは、それほど高額のセッション料金ではありませんが、せっかくの機会をいただいたのに、残念な想いをお届けしてしまうことは、とても申し訳ありませんし、わたしの本意ではありません。

だから少しだけですが、お気持ちの落ち着きを取り戻すための時間を頂戴したいのです。

そこで、仏教で1つの区切りとしている49日を参考とさせてください。49日過ぎてからのお申込をお願いできればと思っています。どうぞ宜しくお願いいたします。

今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。たくさんの愛と感謝を。

動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介 

🌱アニマルコミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話 

🌱スピリチュアルソウルリーディング 
 天と大地が伝えるこれまで、今、これからのあなたの物語

🌱月いろメッセージ 
  月ごとに変わるメッセンジャーからの暮らしのアドバイス

🌱動物と人のクリスタルヒーリング講座
 動物も人もホッとする時間を創り出していくオンラインの個人レッスン

🌱ミディアムミニセッション
 亡き人や動物からのメッセージと癒しを

🌱七日の祈り〜亡き方へ〜
 亡き人や動物に七日間連続の祈りを

🌱天使のまんまるshop
 天然石アクセサリーなどの製作販売 

SNS

 Twitter:@MayumiOdori
 Facebookページ:天使のまんまる
 Instagram:天使のまんまる(@angelicround)

お問合せ

 何かご質問などございましたら、
 お気軽にご連絡ください。

よかったらシェアしてね!